ブランドについて私が思うこと

一番高級だったブランド品

ブランドについて私が思うこと 私はそれほどブランドに興味はありません。人生でそれほど多くブランドを買ってきませんでした。でも、20代前半に仕事を一生懸命していたときに、どうしてもブランド品を自分へのご褒美として買っておきたいと考えたのです。それで、その時に流行ったルイヴィトンのボストンバックを買いました。

ディスカウントショップで買ったのですが、15万円ほどしました。それまでブランド品といっても6~7万円くらいのものをがんばって買うくらいでした。10万以上のものを自分に買うと、大事に使うというのはもちろんなのですが、仕事場にもって行くと誰かに取られるのではないかと不安になってしまいました。

しばらく使っていましたが、白っぽい布の使ったバックだったのですぐに汚れが目立つようになってしまい、汚らしくなってしまいました。それで、ブランド品ではない新しいものを買って代用しました。ブランドのバックはそのときの流行があるので、流行らなくなると古くなってしまい、持ちづらくなってしまいますよね。流行り廃りの無い本当に自分の好きなバックを持っていたほうがいいと今では思っています。子供を産んだ今は常にマザーズバックを持っていますが、見た目よりも実用性を重視しています。

関連記事・情報

Copyright (C)2022ブランドについて私が思うこと.All rights reserved.